稲葉景のちょっと為になるブログ

はじめまして。稲葉景と申します。僕は楽しいこと、知識が増えること、そして美味しいものを食べることが好きなので、このブログでは、為になった本の書評、面白い体験談、お薦めのお店の紹介をメインに情報発信していきます。

【超衝撃】カルロス=ゴーン逮捕!!!

こんばんは。 超衝撃的ニュースを見て驚きを隠せないでいる稲葉です。

先ほど、僕が大尊敬している経営者の1人、カルロス=ゴーン氏が逮捕されました、、、。

カルロス=ゴーン

カルロス=ゴーン氏は、『日産』と『三菱自動車』の会長をされている、世界的にも有名な経営者です。

さまざまな書籍も出版されていて、国内外問わず、多くの方に影響を与えているリーダーでもあります。

なにやったの?

そもそもなにやったの?って話ですが、逮捕理由の詳細は、ググってニュースを見ていただけたらと思います。

なので、ここでは概要だけお伝えさせていただきますね。

今回、カルロス=ゴーン氏は、『億単位の金額を過少申告した疑い』によって、金融商品取引法違反容疑で逮捕されたとのことです。

億単位か、、、。

億越えのルーキーですね!

カポネ=ギャングベッジ

以上となります。 今回も最後まで御覧くださりまして、誠にありがとうございました。

稲葉 景

↓をクリックすると読者になれますのでお気軽に♪

TwitterInstagramも日々更新しております♪

Twitter

twitter.com

Instagram

www.instagram.com

キングコング西野のおとぎ町レディオパート5を聴きました♪

こんばんは。 好きなラジオ番組は『キングコング西野のおとぎ町レディオ』な稲葉です。

いや〜、待った。半年待ったわ〜。

今回も最高でした。

何が最高だったかって、これですよ。これ。

僕の大好きなラジオ番組キングコング西野のおとぎ町レディオ』です。

www.mbs1179.com

今回、前半は先日発売れた、西野さんの新著『新世界』の話を中心に、オンラインサロンの話をたくさんしてくれました。

新世界

新世界

salon.otogimachi.jp

僕は既に『新世界』を読み終えていたので、本のおさらいや深掘りをして貰っているという感覚で聴いていたのですが、改めて思いました!

西野さんと坪田先生、2人とも話が面白い!!!

新世界の内容の1つに、えんとつ町のプペル美術館建設の期間限定イベントのエピソードが語られているところがあるんですね。

僕はそこを読んでいる時に、「やっぱり西野さんのものの見方、発想、ブランディングの力って半端ないな」って感動しながら読んでたんですよ。

ただ、同時に「こういうことやったら絶対に批判し出すやつ出て来るんだろうな〜」って思っていたのですが、坪田先生が見事に代弁してくれました。

キングコング西野はただの更地で金取ってる。

by. 坪田信貴

ゴミを売ったり、ARで更地を楽しんだりという面白い発想なだけに、その意図を全く知ろうともしない、表面上の現象に囚われてクレームを言うことが生きがいな人にとっては、何がなんでも叩きたい対象になるのではないかと、、、。

まぁ、西野さんにとっては、そういう人たちが出てくることすら、上手く使って、より知名度を上げていくことになるとは思いますが。

これだけ面白い企画なのに、問題点は銀行員に話が全く通用しないとのこと 笑

土地買ったんで、明日から美術館スタートしますよ。 ゴミ売って運営します。

by. 西野亮廣

これを聞いた銀行員は、「は?」だったみたいです 笑

全ての言葉が意味不明で胡散臭い。

相手が知らない単語を1行に2個以上入れたら、もう何も通用しなくなるとのこと。 僕も気をつけよう!

ゲストのタイチさん

今回、以前(パート2か3のどっちかだった気がする)坪田先生が少しだけ番組で話してくれていた、タイチさんという方がゲストに来てくれました!

まず、経歴が意味不明です 笑

アメリカやハワイで不動産業

日本初のセグウェイの代理店

ジャカルタでLEDの会社

北極、クロアチア、ニウエでレストラン

日本で冷凍人間の施設

ニウエの首相アドバイザーとして運営

ニウエのインフラ整備、お寿司屋さん

北極でもお寿司屋さん

世界中に30社くらい持ってる

この、西野さんとタイチさんのコンビはヤバいです 笑

穴を売る男とゴミを売る男

ただ、このタイチさんがやっていることは、一見、突拍子も無いことですが、「やろうと思えば誰にでもできること」なんだと、坪田先生が言ってました。

でもこういう面白い人たちが合わさると、とんでもないものがたくさん生まれそうですね。

来月発売予定の新作絵本『ほんやのポンチョ』

こちらが今回の放送で話題に出ていた、12月6日(火)に発売予定の西野さんの新作の絵本『ほんやのポンチョ』です。

ほんやのポンチョ

ほんやのポンチョ

当然、僕も予約をさせていただきました!

楽しみですね♪

さらに番組でも紹介されました、その『ほんやのポンチョ』のテーマソングです。

youtu.be

この曲、何度か聴いてるとクセになるというか、また聴きたくなるというか、不思議な魔力を秘めた曲です。

この曲の元ネタは今回の放送では語られてませんでしたが、西野さんの目の付け所が田を追随しているエピソードがあるんですよ。

とうでも良いですが、『ポンチョ』って、僕の大好きなスパゲティ屋さんの『パンチョ』みたいですね 笑

naporitanpancho.com

最後に、豊崎由里絵アナが妊娠8ヶ月ということで、年明けには男の子が生まれるそうです。 めでたいですね♪

次回、『おとぎ町レディオパート6』では、お子さんの話も聴けるかもしれませんね。

※おとぎ町レディオパート6の放送は、半年後の2019年の春になるとのことです!

キングコング西野のおとぎ町レディオパート5』かなりおすすめです!

youtu.be

以上となります。 今回も最後まで御覧くださりまして、誠にありがとうございました。

稲葉 景

↓をクリックすると読者になれますのでお気軽に♪

TwitterInstagramも日々更新しております♪

Twitter

twitter.com

Instagram

www.instagram.com

明石ガクト × 佐々木紀彦:NewsPicks(ニューズピックス)主催トークイベントに行って来た!

こんばんは。 ニューズピックス大好き♡稲葉です!

今日は仕事終わりに、NewsPicks(ニューズピックス)アカデミア主催の、明石ガクトさんと佐々木紀彦さんのトークイベントに行って来ました!!!

その名も、、、

明石ガクトと語る読書論

peatix.com

いや〜、楽しかったな〜!!!

前回のABCでのイベントでは席が2列目という歯がゆい想いをしたので、今回、見事に最前列のど真ん中の席を確保しました!

やっぱり、1番前って良いですよね。 しかも、明石ガクトと佐々木紀彦ですよ!?

あっという間の1時間でした!

NewsPicksアカデミア主催トークイベント

本イベントは、動画クリエイティブ読書をテーマに、明石さんと佐々木さんによる熱い対談を目の前で聴けるという臨場感満載なトークイベントだったんですね。

そして今週は僕にとって完全に明石ガクトウィークでした 笑笑

今週の僕の動きを簡潔にまとめると、、、

日々、Instagramのストーリー、FacebookTwitterで情報チェックをしているのは大前提で、

月曜日は3回目となる『動画2.0』の再読、

火曜日は僕が初めて明石さんを生で見ることになった『明石ガクト × 箕輪厚介 動画2.0出版記念トークイベント@青山ブックセンター』に参加、

水曜日は明石さんが初出演されたインターネット放送『Abema(アベマ)TV』の視聴、

木曜日は明石さんが経営されている会社『ONE MEDIA(ワンメディア)』の動画を観まくり、

そして本日金曜日は『明石ガクトの語る読書論』に参加。

ザックリまとめるとこんな感じです。 ホリエモン多動力の表現を借りると、「サルのようにハマる」ってやつですね 笑

自分でも引くくらい、好奇心と集中力が研ぎ澄まされ、どっぷり浸かっています。 最早、ストーカーレベルです、、、。

今回、明石さんのお話を直に聴くのは、先日のABCのトークイベントに続き、2回目だったんですよ。 その時も感じたことですが、今回、箕輪さんとの対談の時以上に強く感じたことがあります。

明石さんの話、マジで分かりやすくて、上手くて、面白ぇー!!!!!

ほんとにすごかったんですよ。 「話の内容が勉強になるな〜」というのも当然あるんですけど、開始早々に、「プレゼン、上手ッ!!!」ってなりました 笑

さてさて、前置きはこの当たりにして、早速、今回のイベントの気付き学びをシェアさせていただきます

これが時代のリアルですよ

明石さんは昨日、『池上彰VSニッポンの社長100人大集結』という地上波の番組に出演されていました。 僕は明石さんがその番組に出演されることは知っていましたが、そもそも僕、テレビ持ってないので『観る』という選択肢が無かったんですね。 他の方々がどういう理由だったのかは知りませんが、今回、僕を含め、50人くらいかな?参加者がいたんですけど、その番組を観た人が1人もいなかったんですよ。

ですが、一昨日、明石さんが出演されていた『アベマTV』を観た方は、僕を含め3人いたんですね。

この時の明石さんと佐々木さんの反応が面白かったです。

佐々木「え~!?みんな明石さんのファンなんでしょ!?観てないの!?」

僕「(そもそもテレビ持ってないしな。アベマはiPhoneがあったからたまたま観れたけど、、、。)」

明石「いや、これが今の時代のリアルですよ」

ちなみに明石さんはテレビの収録現場を見て、「全てがデカかった」と思ったそうです。 カメラがデカいし、ついでにカメラを動かすクレーンもデカい、スタジオまでデカい。 そもそも今の技術であればもっとコンパクトに同じクオリティの収録ができるはずとのこと。

にも関わらず、こんな大掛かりな収録をやる理由をずっと考えていたそうです。

で、明石さんが出した結論は、「出演者の満足感」が目的なのではないかと。

先日のABCでもこの話をやんわりとしていましたが、箕輪さんはサラッと「あれもう、恐竜だよね」と、なんとも絶妙な例えをしていました 笑

絶滅は免れないとでも言いたげなのでしょうか?

明石ガクトの読書論

明石さんにとって読書の位置付けは2つあるとのことです。

1、流通経路

電子書籍は該当しませんが、読書というのは、『本』という物体を媒体を通して全国の書店に置かれます。 つまり、対マスに知れ渡る仕組みなんですよ。 インターネットは、対象のものに興味がある人が、より深く知る上では非常に有効的ですが、認知をするには不向きなツールだと、明石さんは考えているようです。

2、深く刺す

今の時代、いろんなものがお手軽に手に入れられるようになってきた。 ものでも情報でも。 だからこそ、時間をかけてじっくり手に入れるものに価値がある。 本や映画の内容って、その最たるもので、時間をかけて情報を仕入れるじゃない。 そうやって、なんでも簡単に手に入れられる時代だからこそ、じっくりと時間をかけたものほど、自分の中に残っていくことになると思いますよ。

by. 明石ガクト

なるほど~!!!

確かに時間をかけて手に入れたものほど思い入れや価値を感じますね。

今回の明石さんの読書に対する想いと価値観を聞き、去年、キングコング西野亮廣さんが、『第1回 日本おもしろい大賞』という企画をやった時のことを思い出しました。

ホリエモンこと堀江貴文さんが優勝し、意外にもトロフィーを受け取ったエピソードですよ。 どう考えてもいらないハズなのに、「西野くんが時間と手間をかけて作ったものだから価値がある」と言って。

何に時間をかけて価値を付けていくのかを考えさせられるお話でした。

サインをしていただき、写真も撮っていただきました!

先日のABCでのイベントでもサインをいただいたので、今回は反対側に♪

地味に箕輪さんも一緒です 笑

さらに佐々木紀彦さんにも♪

『日本3.0』を読んだのは、本書が発売されて直ぐ(2017年1月)のころだったので、もうすぐ3年が経つんですね、、、。

早いもんです。

3年、、、。

3年!?

今気が付きました 笑

2018年ではなく、2019年になってました 笑

佐々木さんにもこういう一面があるんですね 笑

逆に親近感が湧いた気がして、今、ほっこりしています。

それにしても、いつも佐々木さんのことをWeekly OchiaiiPhone越しに観ていますが、本を読んだころはまさかこんな風に会える日が来るとは思ってもみませんでした!

ましてや、サインをいただいた上に2ショットで写真まで。 さらに、少しですがお話もできて感無量です!!!

やっぱり東京は良いですね♪  こういったイベントに気軽に参加できますし、憧れの方や会ってみたい方にも会えるチャンスがたくさんあります!

佐々木さんは『日本3.0』の中で、2020年以降の日本では、東京から地方へと人が流れていくと予想されていましたが、実際のところ、どうなるのでしょうか?

そんなことを考えるキッカケにもなりました。

最後に、、、。

今回、明石さんが読書論をかたっていましたが、インプットのための読書ではただの自己満足で終わってしまい、後には何も残らない。 知識武装ができるようになるのが限界とのことです。

まず、自分がどんな結果が欲しいのか、しっかり自己分析をする。 その上で、欲しい結果を実現できるようにするための、結果や収入に直結したアウトプットに繋がる読書が大事なんだと。

僕も過剰なインプットに自己満足することなく、欲しい結果に必要な読書をします!

以上となります。 今回も最後まで御覧くださりまして、誠にありがとうございました。

稲葉 景

↓をクリックすると読者になれますのでお気軽に♪

TwitterInstagramも日々更新しております♪

Twitter

twitter.com

Instagram

www.instagram.com

西野亮廣さんの新著『新世界』の書評 この本は新世界の扉を開く鍵だッ!!

こんばんは。 新たな世界の門をくぐった稲葉です。

先ほど、西野亮廣さんが今月新たに出版された新著『新世界』を読み終えました。

※正式な発売日は本日(2018年11月16日)です。

僕はこの本を14日に購入したんですよ。 というのも、仕事が終わった後にInstagramを見ていたら、西野さんがこのような投稿をされていたんですね。

www.instagram.com

2018年11月14日の西野亮廣さんのInstagramの投稿を引用

「おぉ!マジか!?ヤベぇ!!買いに行きてぇ!!!」

と、強く思いながらも、この日、仕事終わった後の予定が東京駅付近でギチギチに詰まっていたため、新宿まで行く余裕は無かったのです。 何とか八重洲ブックセンターに置いてあってくれ!!と、信じてもいない神様に祈りながら足を運ぶ僕。

ありました。 それも、かなりの数が平積みされていました。 ってか、初版で10万部なのね 笑

人はどうしようもなくなった時、何かに祈るものなんですね 笑

その祈りが届いたのか、僕の自己満なのかはさておき、こちらが読める日を首を長くして待っていた、西野亮廣さんの新著『新世界』です。

新世界

新世界

ちなみに、本書のカバーを外すとこのような仕上がりになっています!

綺麗ですね。 『えんとつ町のプペル』のクライマックスシーンを思い出します。

さてさて、この『新世界』ですが、お世辞抜きでかなり面白かったです。 そしてすごく勉強になりました。

西野さんは理解しにくいことを理解させてくれる天才ですね。 もちろん、数え切れないほどの努力あってこそなのですが、西野さんの言葉に触れると、具体的なアクションに自信を持って踏み出したくなります。

さてさて、前置きはこのあたりにしておいて、書評を始めようかと思います。

とはいえ、この『新世界』ですが、あまりに学びと気付きが多過ぎたため、特に良いな!って感じたことをピックアップして、書評させていただきます。

理解する努力を選択するんだよ

西野さんは言葉選びがオシャレですね。

「炎上=悪いコト」と結論しちゃダメだ。 炎の中にある本質を見るんだよ。

こんな言葉、僕の口からは一生涯出てこなかったと思います!

僕自身、何かわからないことが目の前に現れたとき、批判をするようなことはしませんが、逃避しがちな自分がいるな〜と感じてしまいました。

ただ、自分に守りたいものがあるのなら、「理解できないものが目の前にきたら、理解する努力を選択する」必要があるとのことです。

ついつい、よく知っている人からなんとか教えて貰おうとする方向に頭を使ってしまうところが、僕の突破ポイントですね。 改めて気付かされました!

物事の本質を自分のロジックで捉える努力をします。

元来、言葉は美しい

キングコング西野亮廣さんにどんな印象があるかな?

こんな質問があった時、最も多い答えは、『炎上』か『批判』かと思います。(ここ数年の活躍により、良い印象を持っている人も多いとは思いますが)

そうなんです! 西野さんはデビュー以来、ずっと批判され続けてきたんですよ。

にも関わらず、レターポットがリリースされてから約1年が経とうとしていますが、何と!このインターネット全盛の世界において、西野さんへの誹謗中傷が1件も無いとのことです!

これは最早、ただの奇跡ですよ。

このことから読み解く西野さんの世界観が超素敵なんです!!!

人は、使える文字に制限があると、わざわざ誰かを傷つけるようなことに文字を割かない。

元来、言葉は美しい。 言葉を汚している原因は、『文字』が無尽蔵に発行できてしまうことと、そこからくる甘えだと知った。

もしも言葉が消えるのなら。

もしも使える言葉が今夜なくなってしまうなら、ボクは誰に言葉を贈るだろう?

昨日、選んだ言葉は合っていたのかな?

レターポットを使うようになってから、そんなことを考えるようになった。

西野さん、もう悟りの境地に至っていますよ 笑

僕もラインやメールをはじめ、ブログ、SNS、その他諸々、毎日文字をたくさんの人に贈り届けている身です。 このことをしっかり考えながら適切な文字を贈ろうと思います。

※ちなみに僕もレターポットをやっています! 昨年末くらいから始めたので、そろそろ1年が経ちます!

letterpot.otogimachi.jp

最後に

本書を読み終えた時、自分が信じ込んでいた思い込みやルールが、とっくに賞味期限切れだったことに気付く人たちが、蜂の巣をつついたように現れると思います。

僕は読み終えると同時に、かつて知らず知らずのうちに目を背けてしまっていた世界の門が突如現れ、そして開かれたかのような感覚を覚えました。

その門の向こうに見える景色を「成功者の結果論」と捉えるか、「バラ色の未来」と捉えるかは本人次第だとは思いますが、少なくとも共通して言えることは、『情報という武器は配られた』ということです。

あらゆる固定観念や常識から解放された人たちがひとつの方向を見て進むとき、どんな世界が始まるのか楽しみです!

ってか、そんな世界を見てみたいですね。 そして具体的なアクションを起こす場も提示されています。

まぁ、いろいろと言い出す人もいるかとは思いますが、確かなことはひとつだけ。

「この流れはもう止められない」

ということ。

震えるほどの感動と出会うために必要な手段は、『行動すること』だけ!!

大丈夫。いけるよ。

以上となります。 今回も最後まで御覧くださりまして、誠にありがとうございました。

稲葉 景

↓をクリックすると読者になれますのでお気軽に♪

TwitterInstagramも日々更新しております♪

Twitter

twitter.com

Instagram

www.instagram.com

自転車ヘビーユーザーとして、auの自転車保険に入ることにした!

こんばんは。 東京都中央区代表チャリ族の稲葉です。

僕、自転車に乗る頻度が尋常では無いんですよ。 通勤時はもちろんのこと、港区、中央区千代田区内は縦横無尽に自転車で爆走しております。 恐らくですが、中央区TOP10には確実に入っていると自負しているんですね。

ただ一点問題が、、、。

実は僕、自転車保険に入っていなかったんですよ。 そしてこのことが物凄く怖いことなんだと、友人を介してしってしまいました、、、。

先日、女子高生が自転車に乗りながら、5秒ほどスマホをイジってたらしいんですよ。 そしてそのまま70歳過ぎのおばあちゃんに激突しまったそうです。 当たりどころが悪かったせいもあって、おばあちゃんはそのままお亡くなりに、、、。

結果、その女子高生は17歳という若さで犯罪者となってしまいました。 2年間の懲役と2億円の損害賠償付きで、、、。

というのも、自転車保険に入っていなかったことからこのような負債を背負うことになってしまったからとのこと。

まぁ、それ以前にスマホ操作しながらチャリ乗んなって話ですが。

正直、このことを知って、自分が保険に入っていないことに危機感を感じたんですよ。 僕はスマホイジりながら自転車運転なんてしませんが、100%事故を起こさないなんて保証は残念ながらありません!

au損保の自転車保険が熱い!

ということでそのまま友人からおすすめしてもらった、au損保の自転車保険に加入しました!

これがなんと、月額たったの360円!!!

僕は2年分を一括で支払うことにしたので、7,060円で24回払いよりも1,580円もお得になりました!

これで事故っても大丈夫! ますますチャリ族としての活動の幅が広がりそうです!

良い感じの連動しているアプリ

保険に入ったらこのアプリをダウンロードすることをお勧めします♪

この『自転車の日』というアプリがあると、自転車の盗難にあってもとこにあるか分かったり、いろいろなサポートを無料で受けることができます。

以上となります。 今回も最後まで御覧くださりまして、誠にありがとうございました。

稲葉 景

↓をクリックすると読者になれますのでお気軽に♪

TwitterInstagramも日々更新しております♪

Twitter

twitter.com

Instagram

www.instagram.com

丸の内クリスマスツリーイルミネーション巡り☆

こんばんは。 イルミネーション大好き☆稲葉です。

今日は毎年恒例の、クリスマス先取り企画! 丸の内中のイルミネーション巡りをしてきました。

イルミネーションって良いですよね♪♪

丸の内は都内で有数のイルミネーションスポットなので、この時期は都心で働く恋人たちが丸の内中を、縦横無尽に駆け巡っています。

そんな『幸せな恋人たち』という副流煙が充満している丸の内を、ひとり闊歩していた男が僕だ。

丸の内仲通り

まずは、丸の内と有楽町を結ぶ細い通り、『丸の内仲通り』です。

丸の内をはじめ、大手町、有楽町、日比谷で働くサラリーマンやOLの存在を微塵も感じさせないほど、『幸せな恋人たち』という同調圧力により、街が埋め尽くされてしまっていました。

今日、何回、「すみませ〜ん、写真撮って貰っても良いですか〜♡♡」って言われたか分からないですからね!!!

そんな丸の内仲通りを超え、新丸ビルに着きそうかな〜?くらいのところで、謎のホワイトライオンのオブジェが、、、。

謎です、、、。

こんなん、前からあったっけか?

そんなこんなで次に向かうのがこちら。

新丸ビル

新丸ビル』こと、『新丸の内ビルディング』です☆

1階に上がるエレベーターの横にこじんまりと可愛い感じに置かれています 笑

更に1階に登ると、、、。

またもや、エレベーターの横にこじんまりと置いてあります 笑

更に新丸ビルを突っ切る通りにも。

新丸ビルには、こじんまりとしたのしか無いのかな?

そんなことを思った僕はエレベーターで一気に6階まで。

これが6階。

そしてこちらが5階。

さらにこちらが4階。

おいおい、マジか 笑笑

新丸ビルのクリスマスツリー、ショボすぎるだろ 笑笑

確かに鉢の部分がノルディック柄で良い感じなんだけど、流石に5個も同じの見てると飽きちゃうぞ 笑

なかば諦めモードで3階へ、、、。

おぉッ〜!!!!

良い感じ♪

短いですが、思わず動画まで撮っちゃいました 笑

youtu.be

地味に光の色に変化がありますね☆

※2階にはクリスマスツリーが置いてありませんでした!

次に向かったのは、、、。

OAZO

続いて、『OAZO』こと、『丸の内オアゾ』です。

良いですね♪

すごくオシャレなクリスマスツリーです。

トナカイが、チャグチャグ馬コみたいで可愛いです♡

チャグチャグ馬コ

僕が中学生のころ、修学旅行で岩手に行った際に作った、馬のコケシみたいなやつ。

これがチャグチャグ馬コです。

僕が言いたいことが伝わったかと思います。

続いて、ちょっと遠かったですが、、、。

国際ビル

次に見に行ったのは、『国際ビル』こと、『国際ビルヂング』です。

うん。 普通ですね 笑

結構歩いてきたのもあって、何とも言い難い気持ちになりました 笑

そしていよいよ最後です。

丸ビル

最後に見に行ったのが、こちら!!!

丸ビル』こと、『丸の内ビルディング』です!

ここはヤバかったですよ〜

昨年よりさらにアップグレードされていました!!

しのごの言わず、こちらの動画を見ていただきたい!!!!!

youtu.be

これは熱い!激アツですね〜☆

ユーミンこと、松任谷由実さんの『恋人はサンタクロース』ですね。

これは最早、デジタルアートです♪

WEEKLY OCHIAI(ウィークリー落合)で、『クリスマスツリーイルミネーションをアップグレードせよ』なんて回、あったっけか?

とにかくまぁ、イルミネーションとユーミンのマッチングが半端ねぇッ!!!

毎年のことながら、丸ビルのイルミネーションには楽しませていただいております!!!

いや〜、今回も楽しんだな〜

ちなみにこんな企画までありますので、思う存分楽しめるはずですよ。

ってか、このイベント、北欧から贈られたクリスマスツリーというコンセプトだったんですね、、、。

どうりでノルディック柄が多いはずだ。

ちなみに、たまねぎさんにノルディック柄の話をしたら、こんな返答をされました。

え?ゾルディック家?

by. たまねぎさん

ゾルディック家とは、漫画『HUNTER×HUNTERハンターハンター)』に登場する、パドキア共和国にある標高3,700mのククルーマウンテンに棲む伝説の暗殺一家のことをいいます。

こいつ、HUNTER×HUNTERの見過ぎだろ、、、。

さてさて、そのクリスマスまで、また1ヶ月以上あります!

まだまだ、いまだ見ぬ恋人と一緒に見れるチャンスはありますので、今日から死ぬ気で見つけましょう!!!

是非このイルミネーションをお楽しみいただけたらと思います♪

以上となります。 今回も最後まで御覧くださりまして、誠にありがとうございました。

稲葉 景

↓をクリックすると読者になれますのでお気軽に♪

TwitterInstagramも日々更新しております♪

Twitter

twitter.com

Instagram

www.instagram.com

明石ガクト × 箕輪厚介 トークイベント @青山ブックセンターに行って来た!

こんばんは! 行動したくて仕方が無い稲葉です。

いや〜、熱い話を聞くと魂が震えますね。

今日、先日読んだ『動画2.0』の著者、ONE MEDIA(ワンメディア)株式会社代表取締役社長の明石ガクトさんと、NewsPicksBOOK編集長の箕輪厚介さんのトークイベントに参加してきたんですよ。

www.aoyamabc.jp

表参道にある、『青山ブックセンター(通称ABC)』という書店で開催されたんですけど、僕ここに来たの初めてだったんですね。 ってか、知ったのも今日が初めてでした。

ただ、この青山ブックセンターは、明石さんにとってすごく特別な場所だったのです。

冒頭で箕輪さんが話してました。

静岡の地方の田舎から出てきた明石さんにとって、青山ブックセンターはカルチャーの聖地なんだ

※2018年11月2日(金)21:19に明石さんが投稿した、Facebookを引用

こういうストーリーを聞くと胸が熱くなりますね。 明石さんの本領は、ヴィジュアルストーリーテリングであるとは分かっていても、この文字の順列からすら熱い想いが僕の中に流れ込んできます。

明石さんの宣言通り、楽しい夜になりました!!!

さてさて、今回のこのトークショーですが、先程から何度も名前が出てます、今月頭に明石さんが出版された『動画2.0』という本。

動画2.0 VISUAL STORYTELLING (NewsPicks Book)

動画2.0 VISUAL STORYTELLING (NewsPicks Book)

この本の出版記念イベントだったんですよ。

担当編集者の箕輪さんとのコラボイベントで、凄く楽し時間になりました。 しかも、本邦初公開となる、ゲラをスクリーンに映し、その時の心情を熱く語るスタイルたったんですけど、笑いあり学びありで、また再読したくなりました!

そういえば、先日、明石さんがTwitterで面白いツイートをしていたのを思い出したのでリンクを貼り付けておきますね。

twitter.com

これヤバくないですかw 超おもしれー 笑笑

話が逸れかけましたが、そろそろ本題に入ります!

明石ガクト × 箕輪厚介 トークイベント

まずね、明石さん話上手すぎ。そして面白すぎる。

終始笑いながら参加してました。

一番はじめ、この画像についてお話してくれたんですよ。

明石さんを検索すると、いろいろなところで目にする見慣れた写真です。 動画2.0の帯にも載ってましたね。

今回、箕輪さんも初耳となる、この写真を撮った時のエピソードが公開されたんですよ!

なんでも、この写真撮るちょっと前に、明石さんはインフルエンザとノロウィルスをダブルで食らって2週間くらいほぼ何も食えんかったらしいんですよ。

その話を聞いた箕輪さんは、写真を見ながら間髪入れずに、「だから少し頬が痩けてるんだ。だってこれ、麻◯さんの最期の写真みたいだもん 笑」

という、完全にアウトな発言を 笑

※いろいろとマズい気がするので、名前は伏せさせていただきます。

ちなみにこの写真、モナリザをモチーフにしているらしいです。首の角度や目線を含めて完璧に真似てるそうです 笑

いや〜、良いですね。 生のLIVEは! 本を読むだけでは学べない面白さがあります!

他にも、箕輪さんのファンのHKT48の女の子の話や、ぺにょはるが良いやつだった話とか、2人の掛け合いがとにかく面白い。 何時間でも聞いてられますね。

ゲラの校正

NewsPicksBOOK被害者の会の特徴は、僕から急に締め切りを言い渡されることと、勝手に編集をされること。

by. 箕輪厚介

本来、編集者がやる仕事を明石さんがほとんどやってくれた。 この人やっぱりクリエイターだな〜って思ったね。 そして、明石さんが出版社でバイトしたことがあって良かった。

by. 箕輪厚介

俺、締め切りが近付いたからって妥協するやつ嫌いなんだよね。

by. 箕輪厚介

俺にできることは、飛行機の椅子を倒さないことだけだ。

by. 箕輪厚介

いや、他にももっとあるだろ!

by. 明石ガクト

これ、アカデミアに向けて書いた手紙なんだけど、凄く攻撃的な内容に見えるでしょ? 俺、この時、箕輪さんにキレてたからね。 朝11時くらいに箕輪さんから「アカデミアに向けて手紙書いてください」ってメッセージ飛んできて、「期限は?」って聞いたら、「今日の夕方」とか言い出した。

by. 明石ガクト

僕、腰痛と痛風持ってるんですよ。しかも体重90kg超えてんの。なのにトランポリン何回も飛んでるんだよ。写真撮るために。 ヒザが、、、。

by. 明石ガクト

こんな感じであっという間の3時間でした!!!

最後に箕輪さん経由でお伝えされたのですが、ABCの店員さんいわく、今回のイベントはABC史上最大のイベントだったとのこと!

しかも、当初20時半までの予定が、出血大サービスで21時半まで延長ッ!!!

1時間もオーバーしたのに

箕輪さんと明石さん、そして青山ブックセンターさんのはからいで、なんと!1時間もオーバーして楽しませてくれました!!!

しかも明石さん、終わった後のお疲れにも関わらずサインまで!!!

※念のためお伝えしますが、股間にぶら下がってるのはソックスです!本にもちゃんと書いてあります!!

さらに2ショットの写真も!!!

ありがたいですね。 明石さんの笑顔が最高です!!!

イベント後、明石さんがインスタで動画をあげていました!

m.youtube.com

僕もいますがどこにいるかわかりましたかね?

ここにいます 笑

16日の東急プラザ銀座のニューズピックス書店で行われるトークショーでもお会いする予定なので、更に楽しみになりました!!!

明石ガクトと語る読書論

以上となります。 今回も最後まで御覧くださりまして、誠にありがとうございました。

稲葉 景

↓をクリックすると読者になれますのでお気軽に♪

TwitterInstagramも日々更新しております♪

Twitter

twitter.com

Instagram

www.instagram.com